お酒を飲むと、普段あまり使う機会のない風俗を利用します。自分では気づいていませんが、人肌が恋しくなっているのだと思います。その時の体験談を掲載するのでご覧ください!

お酒を飲むと風俗へ

ストライクゾーンが広いのでだれでもOK

自分でも女のストライクゾーンは広いと思ってるんだ。デリヘルでこれはさすがにチェンジだろって女もそのまま利用するし、というよりも面倒なのでチェンジしてもらったことはないのだよ。それにチェンジしたいっていうほどのデリの女が来たことはないのだよね。って他の奴だったらチェンジだろって女は何人かいたけどさ。でも誰だって金が欲しいじゃない。それに普通の女がデリするのって相当なめっちゃ勇気が必要だと思う。だからその勇気に免じてチェンジはしないかな。それにそんな女のほうがサービス精神はめちゃくちゃ旺盛かなって思うからね。というのもまずフェラチオは練習してるのかやっぱりうまいよ。それと、風俗でしか使わないスマタがその女のテクニックの指標にしてるんだけどやっぱりここでできる女とできない女のテクニックの差が出てくるかなって気がしてる。デリヘルの女もテクニックのある女はたくさんいるよ。あとはトークテクニックを磨けばどこに出しても恥ずかしくない風俗女の誕生だね。

遅い時間はやっぱりデリヘル

デリヘルの便利なところは他のハコ型の風俗と違って24時間営業ができる点なんだよね。かといっていつでも営業しているわけではないけど、24時過ぎたくらいではまだまだこれからというところが多いようだよ。実際に俺が利用するのも23時以降とか日付が変わったくらいが多くなるからね。それは出張のときに利用するからなのだけど、終わる時間がまちまちなのでリザーブしておくわけにもいかずで、大変なんだよ。デリの女もその日はすでに3人とか4人を相手にしていることが多いから、他の男のちんぽをしゃぶった口にキスはできないなって思ったりしてたけど最近はそういうのにも慣れてきた。というかよく考えたらそんなことは全く見当違いだよね。それよりもデリヘルの女も俺でで4人目とか5人目になるとさすがに女も疲れているということなんだ。これってやっぱりフェラチオなんかしてもらうとよくわかるよ。というのが吸引力に力が入ってないとかベロの動きがめちゃ雑だとか口の中のぬめりがないとかいろいろだよね。

恥ずかしがる女のほうが気分がのる

ラブホテルの一室で「お部屋の照明を暗くしてもいいですか?」なんて聞いてくるデリヘルの女がけっこう多いんだよ。こっちも明るいライトの下でプレイするのも恥ずかしいから暗くしたいんだけど、ニュアンス的に明るい中でプレイしたがる客もいるんだなって印象だったね。たしかにそんな奴も多いと思うんだよ。それだけ女の恥ずかしいおまんことかおケツの穴とかが鮮明に見えるからね。それでもどうかな、俺はサービスの質にこだわりたいのでフェラチオのベロの動きとかが気になる。でもたいていはそういうのは彼氏とやってるだろうから最近のデリの女はフェラチオが上手だよね。ときたま力任せに吸ってくるデリ女もいるけどそれはそれで気持ちがいいんだよ。だから何をしても大丈夫って感じかな。それとスマタとか全身リップはこれもデリヘルなどの風俗ならではのテクニックなので重視するけどこれはなかなか練習できないのでこうしたああしてって言ってしまうよ。
新宿 デリヘル